[先輩社員紹介] はたらく現場

設計(乗用車・電子電装)

経験を積めば積むほど、お客様の要望も見えてくる。
成長できる職場です。

Mayu.S   <ユニットリーダー>
設計開発課 乗用車電子電装設計グループ/2008年入社

学生時代は、電気工学を専攻。テレビや電気アンカを直す父の姿がきっかけです。
前職では生産ライン設備の電気メンテナンス(点検・修理・改造)を行っていましたが、設計をやりたい一心で未経験ながら中途採用で入社しました。

入社後は徹底したマンツーマン教育で、設計の基礎を一から勉強の日々。これまでバス、航空機、乗用車と様々な乗り物の開発設計を担当してきました。

現在はリーダーとしてグループのとりまとめを担っており、これまでとは違ったやりがいを感じています。

―中央図研にエントリーして、入社しようと決めた理由を教えてください。

“教育制度の充実”が一番の決め手です。

未経験でも勉強させてくれる環境がある企業を探していて、見つけたのが中央図研でした。

また、毎年ホテルで行われる全社員対象の“大忘年会”の出席率が高かったので、社員の仲が良い会社なのだろうと思いました。

―ズバリ、あなたにとって仕事を「ひとこと」で表すと

『自分の度量が試される場』。
メンバーの個性を大切にしながら、皆で仕事を作り上げることを意識しています。

―未来の新入社員の方にメッセージ

失敗したとしても、その経験を次回に活かすことが大切だと思います。分からないまま仕事を進めるよりも、先輩にどんどん質問しましょう。周囲に頼ることも大事ですよ!

Mayu の、とある一日

7:15 出社

おはようございます!

朝、寒くなってきました。

9:00 お客様と作業内容の確認/メンバーへの作業割り振り・調整

乗用車内の操作スイッチや車載カメラ、オーディオなどの車載レイアウト設計を担当する部署で、円滑に作業が進むようにグループ内のマネジメントを行なっています。

メンバーが自ら立てた行動目標を達成したり、今後の業務の進め方に関するアイデアが出たりすると、とても嬉しく感じます。

12:30 昼食

お昼ごはんはお弁当を持参したり、コンビニで購入したりと様々です。

16:00 メンバーの作業を最終チェックし、お客様に納品

客観的な視点を持ちながら、些細な落ち漏れがないか細部まで目を光らせます。これまでの設計経験が活きる瞬間です。

お客様から「中央図研に作業を任せたい」と言っていただけると、疲れも吹き飛びます!

21:00 退社

おつかれさまでした!

★ちなみに休日はこんな感じ

写真提供:PBV

西日本豪雨災害の被災地である岡山県倉敷市にて、月に3日間程度災害ボランティア活動を行っています。

家屋清掃や家財搬出など、半年間経った今でも多くのニーズがあり、これからもできる限り活動を続けていきたいと考えています。

(写真の黄色い服が私です)