解析技術のご紹介

機構解析

機構解析とは?

機構解析は、Multi-Body-Dynamicsとも呼ばれ、産業用工作機械、ロボットアーム等、継ぎ手やバネで部品をつなげた「機構」の動きを解析します。

また部品の変形を取り入れた解析、固有値解析や回転体の挙動解析も可能です。

主な利用分野

主な利用分野としては、自動車、鉄道、産業機械等です。また人工衛星の太陽光発電パネルの展開挙動予測にも使われました。

最近のトピック

流体解析ソフトと連携して、高さ100mを超える風力発電装置の風車解析が行われています。

尾張独楽とその変形型の挙動とぶつかり合いを模擬した解析

※動画の閲覧にはQuick Time Playerが必要です。

乗用車のサスペンションの挙動

提供:MSC Software Corporation

Latch機構設計検討

提供:MSC Software Corporation

二重振り子の動き

  • 正方形断面のシンプルな2重振り子梁の動きを計算しています。基本モデルを使い、そこから1辺を4等分、8等分した場合の結果を比較しました。
  • 両モデルの4隅のノードを剛体要素で結合しているので、4等分モデルでは、4隅を除き変形できることから、振り子のヒンジ部の応力に差が出ます。
全体図 8等分 4等分 基 本
提供:MSC Software Corporation
ヒンジ部拡大
提供:MSC Software Corporation

お問い合わせはこちら

TEL 052-323-1006(フロア直通)
FAX 052-323-1007
E-mail info@chuozuken.co.jp
担当者 CAEソリューション課 CAE統括グループ
交易場(コウエキバ)
送信フォームも
ご利用ください